中日ビルの建設状況 2021.12

中日ビルは2016年に老朽化による建て替えが発表。2018年末には規模などが判明し、翌2019年3月に惜しまれつつも閉館しました。その後解体工事が行われ、2021年初めに新築工事に着手しました。

新しいビルは33階・158.877mで、旧ビルと同じくらいのボリュームの低層部、中層部にオフィス、高層部にホテルが入居します。2024年の開業予定です。

中日ビルの建設状況 2021.11

前回から1か月ぶりの取材です。

ついにタワークレーンが設置され、躯体構築が本格的に始まりました!鉄骨は早くも4階に達しています。

シーズンが終わったからか、仮囲いに出ていた中日ドラゴンズの選手の姿がなくなっていました。

定点から。このタワークレーン、さすがにデカイです。中日新聞によると100m以上あるようで、テレビ塔の展望台やアーバンネット、NHKなど栄の主要ビルより高いです。

クレーンは南側にもう1基登場するそうです。これから鉄骨の建方はさらにペースアップしそうです。

完成を見越したアングルです。ついに始まったという感じですね。ワクワクします。

逆打ち工法により、地上に見えている部分だけでなく、地下も同時に建設します。地上付近の躯体を切梁などの支保工として活用し掘削、地下躯体の構築を進めます。

メリットは、地上と地下を同時に建設できることによる工期の短縮、仮設構造物でなく躯体を山留壁や支保工にすることによる地盤の安定などが挙げられます。

中日ビルは現在進行中プロジェクトの中で最大の案件であり、大いに期待したいと思います。竣工は2023年夏、商業施設開業は2024年春の予定です。完成が本当に楽しみですね。

シェアする

フォローする