変化する栄南 BAUM HAUSが開業

前回、久屋大通公園南エリアの記事を書きましたが、今回はその周辺の再開発です。ホテル、マンション、商業施設などさまざまな建物の建設が進んでいます。

栄南の変化 GAP跡地はドンキ進出へ

前回から3か月ぶりの取材です。

まずは矢場町の東側、日本セレモニーが建設する高級ホテルTIADです。2月、所定の要件を満たしたため、高級ホテル誘致第1号に認定され、補助金が出ることになりました。

一時期工事が止まっていたようですが最近再開したようです。新たなスケジュールでは2024年の完成を目指します。

少し北にいってプラウドタワー栄です。23階建て75m弱のスリムタワーです。シートが取り払われて外観お披露目。若干の仕上げ工事を残してほぼ完成となりました。

久屋大通公園から見た様子です。前回記事にした通り再整備でイベント機能が強化されるそうですが、ここの高層階はイベント時かなり音が聞こえてきそうです。まあそんなに気にならないものなんでしょうかね。

ちなみにやや右にも18階建てマンションが建設される模様。同じく野村不動産です。

次は西側ホテルフォルツァです。建設地はナディアパークの東です。

3月4日「伊勢町通電気ビル」として竣工し、低層部の商業施設「BAUM HAUS」がオープンしました。

神戸のバウムクーヘンの企業ユーハイムが開設した店舗で、1階は同社が独自開発したオーブンで焼きあげるバウムクーヘンショップの他、様々な取り組みを実践するスイーツショップ、デリ、ベーカリーを併設したフードホールなどがあります。2階にはアバターロボットを使った最新テクノロジーの体験施設や、フード関連企業のシェアオフィスなどが配置されています。

公園から見た様子です。ナディアパークのデザインセンタービル、そして伊勢町通電気ビルの3棟並びがいいですね。

この界隈のレポートは、これまでほぼ3か月周期でお伝えしてきましたが、BAUM HAUSとプラウドタワーは完成、TIADもしばらくは基礎工事で見た目の変化が少なそうなので、今後頻度を少し落とすことにします。

シェアする

フォローする

コメント

  1. (元) あ より:

    栄広場の再開発はどうなったんだろ?
    全く音沙汰なし
    縮小だけはさけてほしい

  2. おわりのおっさん より:

    ナディアパーク 内のテナントが壊滅的なのご存知ですか? 新築もいいけど、内部衰退が進んでます