住商ビル建て替え 都市再生特別地区に認定!

1月30日、都市計画審議会は住友商事ビルの再開発について、現在の計画を都市再生特別地区として認可し、容積率1100%への引き上げを正式に決定しました。

住友商事ビルの再開発は昨年10月に発表されたものです。新ビルはNTT都市開発の主導で建設され、地上20階、高さ96m?のオフィスビルになります。1階は商業施設となり、隣接するブロッサなどと連携した開発になるとのことです。完成は2022年1月の予定です。

引用中日新聞記事

こちらが新ビルのパースです。ネットを探し回りましたがどこにも出ていないようなので今回は新聞記事のスキャンです。

なかなかカッコいいですね。桜通と久屋大通の角に立地するアイコンとして、立派な高層ビルができるのが楽しみです。

ちなみに延床は約3万なので規模的には三井ビル北館とほとんど同じです。ガラスカーテンウォールが多用されている点も近いです。

現在の様子です。既存建物がほぼなくなりました。建築計画の概要はまだ掲示されていませんでした。

また同日の都市計画審議会では、多目的ホールなどMICE関連施設を設けることによる容積率緩和施策も決定されました。来年度から実施の予定です。

近年の栄は大型開発が皆無でしたが、ついに動き出すときが来ています。すぐ近くの久屋大通公園も仮囲いで覆われているのを見て、栄の街が一気に更新されていくのを実感しました。この流れは中日ビル、栄公園へと続きます。変わりゆく栄の今後が本当に楽しみですね。

コメント

  1. 県外名古屋生人 より:

    待ってました!!!
    名古屋在住じゃないので、パースが出たと噂されてからどんな外見か気になってました(笑)

    ぜひ新ビルへトヨタホームやパナソニックビルのテナントを移転させ、トヨタホームビル跡地周辺を巻き込んだを大規模再開発という流れを作ってほしいです。

  2. 中央線ユーザー より:

    管理人さんがパースが公開されたとツイートしたのを見て自宅の中日新聞をなん度も見返したり、ネット検索を何度もしても見つからないので???となってましたが名古屋市内版の中日新聞にしか載っていなかったようですね、名古屋市民が羨ましい、、、
    ここは三井ビル北館と敷地と延べ床面積が近く、設計も同じ日建設計なのでデザインも近くまるで兄弟の様に感じます。しかし、色々あった兄(三井北)より、弟(NTT)の方が恵まれてますが、、、
    このイメージ図はテレビ塔と久屋大通公園も描き入れたかったからか画像全体に対してビルが小さく低層階がよく見えないのでもう少し大きく描いてくれればよかったです。まあ別にいいんですけどね、そんなの(笑)