伸びる名古屋ビル東館 縮むキャッスルプラザ

名駅東の桜通沿いでは向かい合って2つの工事が進む現場があります。片方は名古屋ビル東館でまさに鉄骨が伸び盛り。一方のキャッスルプラザは解体のためにシートに覆われ、徐々に低くなっていきます。

またキャッスルプラザの所有者である明治安田生命はビルの再開発に言及しています。詳しく見ていきましょう。

名古屋ビル東館とキャッスルプラザ 工事進む

前回から3か月余りの取材です。

まずは名古屋ビル東館。一気に鉄骨が伸びてきました。鉄骨がすでに9階に達しています。12階建てなのであと3階です。

低層部には特徴的なカーテンウォールの設置が始まっています。美しい曲線を描いた外観になる予定で、進捗が楽しみです。

敷地南端付近は少しスペースが空いています。完成は2022年3月の予定です。

道を挟んで反対側(左)ではもうひとつの工事が進んでいるのでさすがに空が狭く感じます。その工事がキャッスルプラザの解体です。今年1月に閉館して以降その動向が注目されていましたが、再開発される見込みです。

少し前になりますが、朝日新聞は「明治安田生命は2022年度までに東京・新宿、名古屋、福岡、広島、金沢の一等地に持つ不動産の再開発に着手する。計約1千億円を投じ、大型ビルを建てる計画だ。超低金利で運用収益が低迷するなか、高利回りを見込める不動産投資を強化する」と報じました。

最初に動いているのは新宿の計画です。既に9階建ての旧ビルを取り壊し、22階建ての高層ビルに建て替え中です。解体が始まっている名古屋の計画も近々出てくるのではないでしょうか。

道路を挟んで見た様子です。キャッスルプラザの方が敷地が広く、名古屋ビル東館より大きなものが建てられそうです。

伸びる名古屋ビル東館と縮むキャッスルプラザ。工事が進んで見ごたえのある時期です。キャッスルプラザは再開発で名古屋ビル東館を追い越すことになるかもしれませんね。今後の情報に期待です。

シェアする

フォローする