セントレア埋立計画承認 今年度中に着工へ

5月25日、愛知県は中部国際空港沖の埋め立て計画について、申請を承認したと発表しました。これにより工事着手が可能になったとのことです。

セントレア沖の埋め立て事業は、空港の発着能力向上もありますが、名古屋港の浚渫土砂の問題のためでもありました。あまりイメージは湧かないかもしれませんが、港に流れ込む河川は上流から土砂も大量に運搬してきます。そのため放っておくと港に土砂がたまり、船舶の安全な航行に支障をきたします。今はその土砂をポートアイランドに仮置きしていますが、それも限界になっており、新たな土砂の置き場の確保が急務でした。

セントレア沖合埋立で補償合意 第2滑走路へ弾み

前回、漁業合意がなされたことをお伝えしましたが、今回はそこからわずか数か月程度の申請承認であり、スピード感のある進捗です。

埋め立てる場所は沖合と南東の2か所です。このうち沖合は15年程度での完成を目指します。今年度中にも地質調査などに着手するとのことです。

第2滑走路が決定というわけではありませんが、転用するのは容易な形です。読売新聞によると、発着能力は現行の年間15万回から1.2倍の18万回になり、完全24時間運用が可能になるようです。

セントレアは依然厳しい状況が続いています。しかし先日の大型連休では、コロナ最初期だった昨年同時期と比べて、大幅に利用客数が伸びました。もちろん完全回復にはまだ時間がかかると思いますが、少しずつ少しずつ元の姿に近づいていると思います。

埋め立てが完成するのは15年後なので、さすがに元のように戻っているでしょう。(また新たな疫病、テロによる航空不況などがないとも言い切れませんが)

またセントレアが1000万人を大きく超え、賑わう姿を期待したいですね。

シェアする

フォローする