柳橋周辺 ビジネスホテルの建設が進む

今回は名古屋に戻って柳橋周辺の状況をお伝えします。前回の柳ヶ瀬とは微妙に名前が似ていて間違えそうに・・・なりませんかね(笑)

ビジネスホテルが増える柳橋周辺の動き

ここは時々レポートしている場所です。こちらは去年10月の様子です。

まずは柳橋ガーデンビル。一気に解体が進み旧ビルの姿は見えなくなりました。右側に張り付いていた薄いビルも解体完了です。

跡地利用は不明です。やや小さいものの1ブロック丸ごと使え、2方向が大通りという好立地なので、それを生かした開発になることを期待したいです。

エディオン本店跡地に建設中のビジネスホテル。大阪の不動産会社サムティによる計画です。前回の時点では着工がやや遅れていましたが、無事に工事が始まっていました。

しかし北東角の土地は今回の開発エリアに入りませんでした。ここはかなり前から柵で囲われていた微妙な土地でした。今回開発するのは13階建てのビジネスホテルなので、事業者もわざわざ買収するほどでもないと判断したのでしょう。

わずかな面積ですが、大通りに面した角地だけが残るというのはちょっと残念です。ホテルもこちら側をどのように仕上げるか気になります。

錦通で建設中なのはニッコースタイル。オークラの新ブランドです。

愛知県や名古屋市は高級ホテルの誘致に本腰を入れ始めています。今回のようなビジネスホテルでもいいのですが、世界的に通用するような高級ホテルもぜひ欲しいところです。

そして柳橋と言えば新駅構想です。市は柳橋駅の新設の可否について調査中で、年度末にも結果が出る見込みです。柳橋周辺にはガーデンビル跡地以外にも市場周辺の未利用地が数多くあります。ぜひ新駅を建設し、周辺開発の起爆剤として欲しいと思います。

シェアする

フォローする