ささしま高架下オフィスが完成 新たな通路も

今回はささしまライブ方面の変化をお伝えします。名駅通では歩道の拡幅が進み、ささしまでは高架下で工事が進んでいたオフィスが完成、さらにはそれに付随して新しい歩行者通路も供用開始しました。

まずは名駅通の歩行者通路拡張です。愛大へ向かう学生などで混雑しますから拡張はありがたいです。

ところで地下道の話は続報が出てきませんね。一応23年度着工という話ではありますが度々遅れているので少し心配です。

ささしま方面に目をやると看板らしきものが登場しています。ここに広告を張り付けるのでしょうか。

最初テレワークのブースかと思いました。ただここではちょっと騒音がうるさすぎますね。

そして写真右側に新たな通路ができました。

それがこちらです。ここをくぐるとささしまライブ最北端に着きます。次に紹介する高架下オフィスの建設に伴って整備されたようです。

かつても線路下はトンネル状になっていましたが一般歩行者は通行不可でした。そのためか私が見たときはここを利用する人はまばらでした。

こちらが完成した高架下オフィスです。木造らしいファザードとなっています。

テナントにはスタートアップ企業が入るようです。建設したのは名古屋ステーション開発、東海の子会社です。同社には次なる沿線開発を期待したいですね。

できたばかりとあってお祝いの花がたくさん並んでいました。

高架下ということで騒音や振動が気になりますがまあそういうのは対策されているのでしょうね。

ささしまライブで地下道と共にもう一つ心配なのは飛翔の移設です。当初のスケジュールだともう今頃は移設完了しているはずだったかと思います。飛翔の遅れはそのまま駅前再整備の遅れに繋がります。何とか順調に進むことを願いたいです。

シェアする

フォローする