名二環(名古屋西JCT~富田IC)の建設状況 2020.12

名古屋第二環状自動車道は名古屋の郊外を環状に結ぶ高速道路です。北半分は東名阪自動車道として長らく併用されていましたが、2011年3月に高針JCT~名古屋南JCTが開通。残る名古屋西JCT~飛島JCTまでの区間は2020年の開通を目指して事業中です。

名二環の記事は当ブログでも15回作ってきました。ブログ開設前も含めれば取材は20回を超えています。今回はその最終回です。

NEXCO中日本 高速道路の建設状況

並行する国道302号は大型車の割合が多く、しばしば渋滞も発生しています。この区間が高速道路として完成すれば、渋滞の大幅減が期待できると同時に、長らく進めてきた名古屋郊外の環状道路の整備が完了することになり、意義は大きいといえます。

今回お伝えするのは富田ICから名古屋西JCT付近までの区間です。包里交差点から北に向かって歩いていたので、順番に写真を載せていきます。

名二環(名古屋西JCT~富田IC)の建設状況 2020.7

前回の取材から5か月ぶりです。

シェアする

フォローする