県がIR業者から意見募集を開始 市の動きは?

12月19日、中日新聞などによると、県はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を視野に、関連事業者からの意見募集を開始したようです。候補は中部国際空港島です。今後事業者の意向や提案などを踏まえ、来年4月以降に誘致の可否を決定するとしています。

空港島は今年8月に国際展示場がオープンしていて、国際会議や展示会の拠点化を目指していくようです。

ここで問題になってくるのが名古屋市の動きです。河村たかし市長はIRの候補地として市内やナガシマスパーランドを提案。またしても知事と歯車が噛み合わない形となりました。

ただ実際考えてみると河村市長の提案はかなり厳しいでしょう。まずナガシマスパーランドは三重県であり、誘致に前向きでない三重県の知事が困惑しています。名古屋市がここに絡みに行くのは不合理です。

市内もIRを設置できそうな土地が思いつきません。ちなみに敷地は50haくらいは必要になります。これは先日明らかになった岩塚の三菱の工場の3倍くらいの面積です。可能性があるとすればポートアイランドでしょうか?ただしそれも整備するのには相当時間がかかり、今のスピード感では不可能です。

いろいろ検討した結果やはり誘致の必要はないとするならそれもそれでアリでしょう。IRが地域発展の全てではありません。

ただ問題なのは、知事と市長がいがみ合いで候補地を一本化できずにいるところです。やるならやるでしっかり調整して誘致活動をしてほしいのですが、トリエンナーレを経てますます険悪な関係になっているのでまあ無理でしょうね・・・

全国でIRが設置できるのは3箇所です。この3枠を巡って争うことになります。主な候補地の状況ですが、北海道は見送り、横浜は反対運動が根強い状態、大阪は可能性が高そうです。後は和歌山も立候補のようですが大阪と距離的に近くどうなるか微妙、そして長崎です。

ここに愛知・名古屋が入るためには知事と市長の関係を修復し候補地を一本化して誘致活動をする必要があるでしょう。いつまでも犬猿の仲の状態のままではなく、真に地域の発展を考えて取り組んでもらいたいところです。

シェアする

フォローする