39階142mのグランドメゾン池下2期建設へ!

最近本当に寒くなりました。10月後半に入ってから一気に季節が進んだ印象です。昨日などは冬物のコートが必要なくらいでしたね。

池下に新たなタワーマンションが建設されることが分かりました。10月上旬から話題になっていて、ようやく先日写真を撮りに行けたので記事にします。

敷地はグランドメゾン池下ザ・タワーの西側で、以前マンションギャラリーがあったところです。現地は重機が投入されていました。

これはノーマークでした。マンションになっても普通に15階程度だろうと思っていました。今年のノーマーク部門で決定でしょう。

39階・141.985mです。池下タワーより10mほど低いです。延床面積が2.7万平米強なので、相当スレンダーなマンションになりそうです。これは栄タワーヒルズと同じくらいの面積です。

建設主は積水です。これが建つと現在の池下タワーの都心ビューがさえぎられてしまう住戸が出てきそうです。積水は当初から2期も建てる計画だったのか、それとも1期が好調だったからなのか、やはり後者でしょうか。

施工は長谷工です。これは1期と同様です。最近長谷工多いですね。(プラウドタワー名古屋錦、NAGOYA the TOWERも施工)

朝日新聞によると、総戸数は200戸程度を想定。NAGOYA the TOWERの半分以下となりますが、延床面積も半分くらいなのでまあ妥当かなと思います。池下駅徒歩1分の駅直結タワマンですから人気が出るのは間違いないでしょう。

デザインは発表されていません。着工が2022年5月とあるのでそれまでには出ると思われます。完成は2025年9月の予定です。

既にサンクレア池下(26階・88m)もありますし、千種区役所建て替え(上層部に住戸を含む20階程度)の計画もあり、池下は市内有数の高層マンション集積地となりそうです。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 中区民 より:

    高級タワーマンションがこれだけ立ち並ぶと池下駅舎のチカシンとその上の駅直結一等地にある池下荘との落差が大きいのでそろそろ建て替えとか視野に入れてほしいものです。

    名古屋って市が管理してるようなところが老朽化でみすぼらしくなってるところが多すぎるんですけどね