JR東海 名古屋駅5・6番線にもホームドア整備

アジア大会選手村の跡地利用、名鉄再開発の情報も出ましたね。次回以降順次記事にしていきたいと思います。

まずは順番にネタを消化していきたいと思いますので今日はこの内容。JR東海は、名古屋駅5・6番線にホームドアを整備することを発表しました。また、先日明らかになったに315系の内装ついても書いていきます。

これまでJR東海は東海道線金山駅にホームドアを整備、今後は刈谷駅にも整備予定です。そして今回最も利用客が多い名古屋駅でも発表されました。ホームドアの開口は4mと、311系、313系、315系にも対応できる大開口ゲートです。

完成は5番線が2024年6月、6番線が2023年7月の予定です。

ここからは315系についてみていきます。以前外観が発表されていましたが、先月、内装も明らかになりました。

引用JR東海 ニュースリリース

シンプルな装いです。従来車両と比べて、バリアフリーの充実、セキュリティの向上、冷房の性能向上など、様々な箇所で大幅アップデートされています。

冷房に関しては、国内初となるAIによる自動制御が導入されています。地上のサーバーと連携し、車内の冷房運用を自動で学習、最適な制御を車両にフィードバックします。

ドア上鴨居部分には液晶ビジョンを配備。JR東海の通勤型車両としては初です。

今年度中に投入が始まります。まずは211系が多い中央線からでしょうかね。

ホームドアと新型車両で東海地区の在来線もどんどん刷新されていきます。今後も注目ですね。

シェアする

フォローする