久屋大通公園リニューアル工事の状況 2020.7

久屋大通公園は、2020年秋に向けてリニューアル工事を実施中です。テレビ塔の南には水盤をつくり、両側に店舗を配置。多すぎた樹木も適正な数に減らし、明るく賑わいのある都心空間の創造を目指します。

久屋大通公園リニューアル工事の状況 2020.1

前回から半年ぶりの取材です。

先日には三井不動産よりプレスリリースが発表されました。それによると名古屋初を多数含む35店舗がオープン予定とのこと。時期はコロナの影響で延期になって秋開業としていますが、具体的な日付は公表されませんでした。ただしテレビ塔が9月18日ですので同日開業の可能性があります。

今回は工事の様子よりも新しい久屋大通公園の詳細メインで紹介していきたいと思います。

引用三井不動産ニュースリリース(PDFファイル)

コンセプト図です。南に行くほど商業色が強く、名古屋の新たな文化発信拠点のイメージ、北に行くほど閑静な居住エリアと調和したイメージになっています。

公園内に配される店舗はコミュニケーションポッドと呼ばれ、都心の新しい交流施設になります。

新たに発表されたパースも見ていきます。こちらはもちの木広場付近のサンクンガーデンの様子です。これまでここはセントラルパークから断絶されていた雰囲気でしたが、新たな賑わい拠点になることが期待できます。

夜景パースです。名古屋の夜は早いなどといわれますが、こちらの施設の営業時間は夜11時までとなっているので、夜の盛り上がりに一役買うことになりそうです。

こちらはテレビ塔の北の様子です。桜通より北は観光よりも日常使いの客が中心になるでしょう。都心の大規模な憩いのスペースはそれだけでも大きな価値があります。

現在の様子です。工事も大詰めに入ってきました。個性豊かな34の店舗は名古屋都心の新しい表情を作り出します。開業が非常に楽しみです。

ただ個人的には少し心配な点が2つあります。1つはコメント欄で議論されていたように、道路側から建物が背を向けているように見える点です。賑わいが公園内だけで完結してしまい、公園外から見るとオープンでない印象を受けるかもしれません。

もう1つは、出来上がりが若干チープな雰囲気がしなくもない点です。このような低層店舗群というとメイカーズ・ピアを思い出します。まああれはクオリティがあまり高くないレゴランドのさらにおまけみたいな存在ですからチープでも仕方ないかという感じですが、こちらは栄の街の中心であり三井不動産主導のプロジェクトですから、外観はやはりそれなりに立派であって欲しいと願います。

物販系の店舗ラインナップです。ファッションだけでなく自転車やら卓球やら面白そうな店が軒を連ねそうです。

コーチは教育館街区からの移転でしょうか。だいぶ先の話だとは思いますが教育館のほうも再開発の話が着実に進んでいるのかもしれませんね。

続いて飲食系の店舗ラインナップです。カフェや軽食系からレストラン、居酒屋まで幅広いジャンルの店舗がそろいます。名古屋初が多く話題性も十分です。

最後に敷地南端から見た様子です。ここからリニューアルされた久屋大通公園の姿を想像すると胸が膨らみます。

思えば久屋大通公園とテレビ塔リニューアル開業は相次ぐ栄再開発の中でも先陣を切るプロジェクトですね。栄復権の第一歩として、新たな街の表情と賑わいの創造に期待です。

コメント

  1. より:

    マイクラで言う「豆腐建築」ですな

  2. イオン岡田 より:

    最新空撮
    https://www.youtube.com/watch?v=kE6MIYXaZrU
    なんで建物全部灰色なんだろ…
    よくわからないところでコスト掛けないよね…

  3. より:

    久屋大通が想像以上に良い感じて楽しみです。
    でもメイカーズピアもレゴランドへの嫌がらせに巻き込まれただけで作りも良いと思います

  4. イオン岡田 より:

    【愛知】アイシン精機 新工場建設に向け造成へ
    http://www.senmonshi.com/archive/02/02F77JHhC0PZRQ.asp
    これと同時に三河安城の工場跡地にアリーナ?
    アイシンは上が中国に過剰投資でミスって余裕なくなってきたし心配

  5. イオン岡田 より:

    内閣府のサイトで競馬場跡地に大学キャンパス誘致してるのを発見しました
    https://www.satemachi.go.jp/property/4051/
    大阪が公立大学盛り上げてるの見ると、名古屋も頑張ったほうがいいですね
    市大に工学部もないという現状と規模では関西に学生が流失し続けます

    • ノボール より:

      名古屋市大の工学部の役割を、名工大が果たしています。
      他にも県内には、豊橋科技大があり、こちらは県立大の工学部といった感じです。

      両校ともに国立大学であり、名大を含めて工学部を持つ国立大学が県内に3校もある、特異な地域でもあります。
      なお研究内容においても、総合系である府大・大阪市大を上回る特許出願、特許権収入を得ています。
      つまり、工学系において重要である、社会・産業からの評価が高い大学でもあります。

    • たぬ より:

      工学系はむしろ恵まれてる方で愛知であれば理系なら地元でも困る事はありません 芸工や薬学中期もあってか公立大にしては他地域出身が多い大学です
      むしろ文系の弱さと文系の就職選択肢の少なさそれによる東京圏への流出の方が深刻かと
      南山でも就職地域が5割が愛知3割が東京だったり愛知県民の比率が高い同志社は5割関東 3割強関西など関西地盤でもこれでむしろこっちの方が問題でしょうね
      住民基本台帳人口移動報告によれば愛知・名古屋は他の地域と比べて男女の流出の差が激しい地域ですし

      • ノボール より:

        その通り!
        文系学部は、名大と南山の間を埋める存在がないため(名市大も南山よりで弱い)、ここらへんがほぼ流出する。
        西の関関同立、東のMARCHがちょうどこのレベルなので、ここらの大学の愛知県民率は結構高い印象。
        立地的に近い近畿圏、特に京都の2校への流出がとりわけ多い。気がする。

  6. 尾張小牧 より:

    道路側からの景観は最低ですね。
    なんでいつもこんな中途半端なんだろう…

  7. 中区民 より:

    比べちゃいけないかもしれませんが、ほぼ同時期に完成する宮下パークを見てしまうとしょぼすぎて悲しいです。
    少し大きなプレハブのような仮設店舗が立ち並んでいるだけのように見えます。2020年の再開発には見えないです。
    名古屋を象徴する場所でもあると思うのでもうちょっと気合いを入れて欲しかったなと思いますが三井からすれば地方のことなので仕方ないのでしょうか・・・

  8. みそたま より:

    宮下パーク見て思ったのは
    公園って地上とリンクしないとなって事

  9. 鷲津砦 より:

    南エリア再開発時のアリーナが、宮下公園みたいな構造になるのではないかと予想してます
    アリーナ屋上の緑地とアリーナ南北の公園地上部が、階段や坂状の構造で連続的になる感じで。

    • すもも より:

      さすがに大規模無柱空間の建物の屋上に
      緑地設置はかなり無理があると思うよ
      それこそ金に糸目をつけなければともかくさ

      • 鷲津砦 より:

        ああそうか。建物がアリーナって事はそうなりますね

        でも、公開されている土地の高低差を活かして埋め込むようなアリーナの設置構想からしますと
        アリーナ北側の地上からアリーナ屋上への連続性確保を意図しているようにも思えるんですよね

        まあ、単に地上部のまとまった平面スペースをなるべく潰さないようにと配置するだけでもこうなると思うので、根拠としちゃ弱いのですが

        ただ、大規模な無柱空間とはいえ、金城ふ頭の新第一展示館なんかと違ってここのアリーナは然程大きな幅のある建物にはなりませんから、重量負担も相応でしょうし
        壁に近く比較的負担の軽い東西のラインだけでも、公園の南北断絶を避けるため、通れる緑地帯になる可能性は結構あるんじゃないかなあ

        屋上の中央辺りは、オアシス21の水の宇宙船中央部のように
        人が踏み込むことは出来なくても眺めの綺麗な作りにしてお茶を濁したりで。