名鉄瀬戸線尼ケ坂駅高架下の商業施設が開業!

3月29日、名鉄瀬戸線尼ヶ坂駅高架下の商業施設「SAKUMACHI商店街」のⅠ期エリアが開業しました。SAKUMACHI商店街は、名鉄の魅力ある沿線、地域づくりの一環として開発される商業施設で、名鉄初の駅間をつなぐ店舗群です。

SAKUMACHI商店街という名前は「花咲くまちの商店街」から取られました。桜並木の続く立地特性から、明るく賑わいの溢れるまちの商店街のような交流拠点でありたいという想いが込められています。

今回開業したのはⅠ期です。開発エリアである清水駅~尼ヶ坂駅の東側(尼ヶ坂駅寄り)です。西側の清水駅寄りはⅡ期エリアとして開発され、2020年春の開業予定です。

店舗はカフェやレストランや保育所が中心で、地域に住む人が利用しやすいラインナップとなっています。構成も基本的には地元店で占められていて、地域密着型の商店街という感じです。

無機質な高架下に色とりどりの店舗が登場し、人々の交流拠点に生まれ変わりました。片流れの建物はいろいろな方向を向いていてにぎやかな感じを受けます。

座りたくなるようなおしゃれなストリートファニチャーがいい感じです。店舗の中が見通せる大きな開口部も特徴で、賑わいがそのままもれ出てくるような雰囲気です。

このあたりはちょうど桜並木が続いています。ここはもともと都心まですぐにアクセスできる閑静な住宅街ですし、SAKUMACHI商店街の登場によって今後はさらに人気が高まるかもしれませんね。

こちらはⅡ期となる清水駅側。2020年春の開業を目指して今後工事が進められます。Ⅱ期まで完成すると全25店舗を誇る一大高架下商店街が出来上がることになります。

いかがでしょうか。SAKUMACHI商店街は地域密着型の店舗群として新たな賑わいを呼ぶことでしょう。

そして私が嬉しいのは、名鉄が最近沿線開発に力を入れてきたということです。鉄道沿線の活性化はこれからのまちづくりに欠かせません。SAKUMACHI商店街はもちろん、μPLATなどの駅ナカ開発や犬山ホテルの建て替えといった、自社の保有する鉄道の沿線を育てる姿勢が、最近の名鉄は強くなってきたと感じます。

SAKUMACHI商店街からほど近い大曽根駅でも、名鉄は新たな投資をしています。こちらも2020年の開業を目指して駅ナカ施設μPLAT大曽根が施工中です。

この動きはとても歓迎です。今後もますます沿線開発に力を入れて欲しいと思います。μPLAT大曽根、SAKUMACHI商店街Ⅱ期がとても楽しみです。

シェアする

フォローする