栄タワーヒルズの建設状況 2018.5

三井ビル北館や駅西の用地買収の記事には多くのコメントをいただいております。新ブログに移行してから返信はしておりませんが、皆様からの意見はとても参考になります。コメントは大歓迎ですのでこれからもよろしくお願いします。

納得のいかない再開発に対しては徹底的に抗議したいというコメントもいただきました。同意見です。三井ビル北館など「一体開発以外は認めない、単独開発絶対阻止、むさし企業は撤退せよ」と声を上げ座り込みを決行したいくらいです。

しかし現実はそうは行きません。ですのでそういった再開発の鍵を握る企業や行政に働きかけていくことが重要になると思います。ほとんど意味はないかもしれません。それでも何もしないよりはましです。できることをしていくのが大事だと思います。

それと最近ネタ切れになってきました・・・これは予告なのですが、今週中に大きな計画や動きがなければ、週末から九州編の記事を載せていきたいと思います。

本題に戻って、栄タワーヒルズは、本町通と若宮大通が交わる交差点の北東角で建設中のタワーマンションです。28階・100.8mの規模で、施工は清水建設となっています。

栄タワーヒルズの建設状況 2018.4

前回から1か月経った様子はどうでしょうか。

いつもの交差点から見ます。20階に到達しているようです。かなり高くなってきて「見上げる」という表現のほうがあっていますね。

白川公園から。生い茂る木の向こうに頭ひとつ抜けてきました。残るは8フロアですが、ヘリポートもあるので今の1.5倍くらいまで伸びそうです。

完成は1年後、2019年春の予定です。

コメント

  1. 匿名 より:

    九州編期待してます。天神ビッグバンで天神の商業ビル 天神コア。福岡ビル、天神ビブレの3棟総合再開発や積水ハウス・西日本鉄道・三菱地所の企業連合が行う旧大名小学校跡地活用事業(リッツカールトン福岡)、ホークスタウンモール跡地 地上28階、高さ約106mの超高層ツインタワーマンション「ザ・パークハウス 福岡タワーズ 新築工事等 目白押しです。福岡は高さ制限が多少緩和され市内でも100m以上の高層ビルの建設が場所によって可能となりましたね。大型案件が多い=投資が旺盛=勢いがあるという事ですかね。名古屋は容積緩和しても大型案件が全く出てこないですね・・・時期を既に逃した可能性があるかもです。その証拠に大阪の飛ぶ鳥落とす勢いと海外からの投資も含めた土地開発、インフラ整備は凄まじいものがあります。向かうところ敵なしって感じですよね。

  2. 匿名 より:

    少しづつ進んでるみたいですね。名古屋は一軒家志向が強いエリアですが、高齢化もありインフラ整備がされている都心回帰傾向で市内高層マンション志向へと変化しているようです。しかし、街規模に対して市内のタワーマンション数は全く追いついていないです。納屋橋も御園座も短期間であの高層マンションが完売しています。付加価値(マーケットや医療施設等の併用)を付ける事で堅実派の名古屋市民にはまだまだ受け入れられるのではないでしょうか。リニア開通で益々、多都市からの流入が多くなると思います。関東、関西より値段が安価な名古屋不動産にはかなりの魅力があると思います。低層マンションを数多く建設するのではなく武蔵小杉のようなタワマンエリアが出来てもおかしく無いです。駅南のMIDや名鉄バス駐車場等、駅南には大規模な土地がまだ塩漬け状態になっています。