三井ビル北館跡地 単独開発でなく一体開発を!

三井ビル北館の街区では新ビルの準備工事が始まっています。着工は6月1日。新ビルは20階・99.75mのオフィスビルになる予定です。

現地の様子です。ついに本格的に工事が始まってしまいました。悪夢が現実となるのがほぼ確定です。

私はここを通るたびに「何でこんなことになってしまったんだろう・・・」という悲しみと怒りが同時にこみ上げるような感覚に陥ります。これほど残念な開発は他に納屋橋ルネサンスタワーズくらいしか思いつきません。

もうむさし企業は動くつもりがないのでしょうね。こんな愚かな企業が存在すること自体が恥ずかしいです。

仮囲いの中を撮影しました。コメ兵の南側、駐車場跡地にも資材が運び込まれているため、このまま着工されると思います。

今回のビルは名鉄再開発の一時移転先になるから今着工すべきという意見もありますが、私は反対です。このビルの完成が2021年、名鉄の解体開始が2022年というギリギリのスケジュールのため、確かにこのビルが遅れたら名鉄からの移転もその分遅れます。

しかし名鉄の新ビルが5年で完成するとは思えません。2022年に解体開始ならば完成は早くて2030年くらいではないでしょうか。大幅な規模縮小をするなら別ですが。

つまり名鉄のビルは遅れる可能性が高いので、その一時移転先となる三井ビルを急いで建設する必要はないというのが私の主張です。来年には容積率緩和もあるので、交渉も含めて少なくともあと1年は待ってもいいでしょう。

何度も言いますが、単独開発は今は思いとどまるべきです。それが未来の名古屋のためです。

5/2追記:タイトルと文章を少し変更しました。私の想いは少し遅れてもいいから単独開発でなく一体開発をしてほしい、ただそれだけです。また「中止」というのはビルを建設しようとする三井不動産に対して、計画すべての取り止めを要求するような印象を抱きかねない表現であり、撤回します。このタイミングでのビル建設は三井不動産がこれ以上土地を遊ばせておくことはできないと判断したためであることも十分承知しております。それでも駅前超一等地の土地利用として今回のケースは悔やんでも悔やみきれないため、記事を書かせていただきました。

コメント

  1. 匿名 より:

    安藤証券の会長さんが今年一月に亡くなってるんですよ。よって時代が変わる可能性がないことはないわけです。ただ、問題は誰の意思で一切聞く耳を持たないかなのです。会長さんが亡くなるときに何を言い残したかもありますし、難しいものです。しかしながら、名古屋では一体再開発をしたいところでは癌があり、大規模再開発ができる土地ではそもそもしない傾向があり残念でなりません。

  2. 匿名 より:

    興和は苦戦しているようですね。27年には間に合わない可能性があると社長が認めてますね。丸栄の解体にも時間稼ぎか15ケ月有するみたいで興和一社では八方ふさがり状態に陥ってますね。民間開発だから行政が割込むのは難しいかもしれませんが、名古屋都市計画と名目では交渉役には慣れると思います。実際、駅西の土地買収交渉には入り込んでますからね。三井再開発といえ興和の再開発にせよ無名会社が個人利潤のみに固執し、街全体の活性化の足を引っ張りますね。企業イメージが益々悪くなるのですが・・・まぁこのような企業はそんな事は全く気にしないでしょうが。順調なのは中日ビルだけかな。

  3. 名古屋よ、頑張れ より:

    興和の力だけじゃ安藤証券は聞いてくれないのかな。やはり市が主導的に安藤証券に交渉をしていただきたい。単独へ踏み切らないところは評価できますが、いくらなんでも延ばされ過ぎるのも、維持費の問題もありますし…

  4. 匿名 より:

    興和の再開発を一切聞く耳持たず邪魔しているのは一体何証券さんなのでしょうかね

  5. 匿名 より:

    名古屋は再開発等を起こす場合、よく有識者会議を参考の上と言いますが問題はその有識者です。毎度、名古屋学院の教授や日建設計等、今まであまり斬新なアイデアを提案できない方や、現状維持的な発想とマンネリ発想ばかりを出す顔ぶれです。これではいつまでたっても魅力ある街やコンテンツを生み出し、先行投資を活発化させる事など皆無です。老害といっても過言ではありません。次世代若手のインフルエンサーの意見を良くも悪くも幅広く聴収すべきです。又、三井不動産が施主でも東京・丸の内と名古屋とではビル自体のデザインや機能、テナントにもかなりのセンスの違いを感じます。北ビルは無機質な他の三井ビルのようにならぬようにして頂きたいですね。

  6. 通りすがり より:

    開発をするにあたって企業にメールを送るのもいいけどあまり意味が無いと思います

    送らないよりは送った方がいいですが、政治家や署名、運動などそれぐらいのことやらないと(やっても)動かないでしょう

    残念に思うのは同じですが講義するなら徹底的にしたいと思います

  7. 匿名 より:

    むさしコーポレーショングループは、名古屋のど真ん中から世界へと発信する企業の窓口として、地域密着度No.1、地域受入度No.1を目指す”街づくりのプロフェッショナル・カンパニー”です。(HPより)
    ↑書いてることとやってることが違いすぎる

  8. 匿名 より:

    コメントに企業へ問い合わせてみるのはどうかとおっしゃっている方がいるように、やはり問い合わせてみるべきです。私は名古屋生まれなのですが家族の仕事の関係で関東に住んでいるため、名古屋市民の意見として問い合わせることについては控えていますが、問い合わせによって、ちょっとした成果が全く得られないとも言えないと思います。三井の名駅再開発については期日が迫っているので、よほどのことがない限り難しいところがありますが、三菱東京ufj銀行名古屋ビルの再開発とか、まだまだ残念な計画がありますので、名古屋市民の意見として規模拡大の意向や一体再開発の意向について伝えられることはすべきでしょう。

  9. 匿名 より:

    ここに書くだけではなく 三井不動産や名古屋市にも意見文を送るのも手だと思いますよ
    なんならコメ兵でも
    ご意見やお問い合わせフォームから意見を送れば大抵の企業は無視せず返答をしてきますから内容がどうであれ相手には伝わるでしょう
    私自身名鉄近鉄一体化の話が出て2年も経ってなにも進展がなく名鉄に意見文を出したところ複数の企業との話し合いを〜との返答がきて 後日発表された資料では日本生命や三井不動産なども関わってましたし

  10. 匿名 より:

    あの一等地が一体開発されない事は本当に残念です。又。名鉄再開発も事業主が名鉄という事が少し不安を感じ得ずにいられません。中部経済界では中身がなかなか決まらないと囁かれえるようですし。再開発の強固な旗振りを担う人が欲しいところです。点ではなく面で捉えた再開発を。ここから駅南のMIDエリアや柳橋エリアへの再開発波及に影響してくると考えられます。柳橋の地下鉄駅設置の案件や藤和不動産の柳橋市場再開発案件への波及にも。

  11. 匿名 より:

    むさし大嫌い。
    名古屋を台無しにしやがって。
    それにしても三井不動産は名古屋の再開発を積極的にやってくれている方だと思うので三井不動産には敬意を示したいと思います。せめてアセスメントの緩和と容積率1300%をうけて150mぐらいにしてほしいです。

  12. 匿名 より:

    ここ2〜3年で頑固そうな武蔵企業が再開発に同意して、あの土地を三井不動産に売却するなどと言うことはまず考えられません。利潤を追求しなければならない三井不動産に、交渉がまとまるまで所有している土地をほとんど遊ばせた状態で待っていろというのもちょっと土地所有者への配慮に欠けるのではないかと思います。ただ旧白川第三ビルのあった敷地も加えてもう少し大規模なビルとして欲しかったという気持は有ります。

  13. 匿名 より:

    本当同意見です
    馬鹿な再開発しようとする企業は名古屋から出て行ってほしいです。