Flight of Dreamsの建設状況 2018.4

今回も中部国際空港の話題です。前回載せた愛知県国際展示場の隣には、FLIGHT OF DREAMSが建設中です。ボーイング787初号機の展示を中心とする商業施設で、建物内にはボーイング創業の地、シアトルの飲食街が再現されます。

4月24日、出店する店舗の詳細が明らかになりました。飲食店は日本初出店4店を含む14店舗が登場します。詳しくはこちらをご覧下さい→FLIGHT OF DREAMS公式サイト 店舗紹介

現在の建設状況です。シートがはずされ、建物の外形が分かるようになってきました。

空港の一番南の駐車場から見ます。こちらはまだシートが残っています。左下の鉄骨が飛び出している部分は何でしょうね。

少し北を向きます。FLIGHT OF DREAMSは駐車場直結になります。またLCCターミナルともつながる予定です。左奥で建設中の建物はセントレアホテルです。

ちなみに、FLIGHT OF DREAMSと空港ターミナルビルの間のポケットパークは、LCCターミナルの建設工事に伴い、4月前半をもって閉鎖されたようです。あの公園の落ち着ける雰囲気が好きだったので閉鎖は残念ですが、新ターミナル計画が進んでいるようで一安心です。

今回はちょうどいいタイミングで店舗が発表されたので、記事で紹介することができました。一方、開業日や料金についてはまだ発表されていません。今後の情報を待ちたいと思います。

コメント

  1. 匿名 より:

    セントレアに新たな魅力が出来ますね。国際展示場やLCCターミナルともリンクして空港島の魅力がアップですね。あとはIRが出来ればより就航ラインが増え相乗効果が見込まれます。できれば、名鉄のみのアクセスではなくJRが路線開発や相互乗り入れをしてくれればアクセス面もパワーアップ可能かと。ホテル関係も前田・森ビル系の開発に期待したいところです。