栄北 ビジネスホテルの建設ラッシュ

そろそろ正月も終わって街が本格始動してきましたね。当ブログでもレポート型の記事を再開させたいと思います。今回紹介するのは栄北エリアで建設が進むビジネスホテルについてです。

インバウンドも手伝って、名古屋の宿泊需要は近年大きく伸びています。その中でも栄北エリアではビジネスホテルの建設ラッシュになっています。

まずは大津通沿いのこちら。栄駅と久屋大通駅の中間付近で建設されているベッセルイン名古屋錦三丁目(225室・14階)です。ベッセルシリーズは名古屋初進出となります。

大津通をもう少し北に行くと見えてくるのがアパホテル名古屋栄駅北(350室・15階)です。左奥に見えているのはザ・パークハウス久屋大通ローレルタワーです。

久屋大通公園沿いでもビジネスホテルが建設中。くれたけイン名古屋久屋大通(229室・14階)はシティタワーの近くで整備が進むビジネスホテルです。

栄の北側はまとまった土地が少ないため、開発できるのは短冊状、うなぎの寝床状の敷地がほとんどです。しかしこういった土地は幅を必要としないビジネスホテルにはむしろ好都合で、旺盛な宿泊需要からたくさんのホテルが建設中です。

桜通沿いでもホテル計画が複数進行中です。

JAあいちビルの東向かいに建設中なのは西鉄ホテルクルーム名古屋(242室・14階)です。当初の予定に比べると半年程度遅れて工事が進んでいます。

もう少し西に行ったところにはホテル京阪名古屋栄(259室・13階)が建設予定です。現在は既存ビルが存在していますが、テナントはほぼ退出しており、近々解体工事が始まるものと思われます。

近年、名古屋のホテル稼働率は高い水準にあります。そこに目をつけた各社はビジネスホテル事業を次々に展開。西鉄や京阪、相鉄といったなじみの薄い電鉄各社も続々と名古屋に参入しています。

しかし何といっても名古屋に足りないのは外資系高級ホテルではないでしょうか。先日、日本で初めてとなるG20の開催地が大阪に決まったそうですが、その決め手になったのは宿泊施設の充実度合いだったようです。この点、名古屋は大阪に大きく水をあけられていると言えます。もちろん「この間伊勢志摩があったので東海地方は避けた」など、開催地の選定には他にもさまざまな理由があったと思われますが、宿泊施設の充実度合いで名古屋が落選したなら十分に納得できます。

名古屋ではマリオットの開業以来、外資系高級ホテルの進出がありません。今年はウェスティンもナゴヤキャッスルから手を引きます。外資系高級ホテルの誘致は名古屋の大きな課題です。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    エイチーム スーパーアプリ ワンプラそれに三菱やデンソーの自動システムも工業ビジネス系やゲームアプリ系ですよね。ネイキッドやチームラボのような商業系やエンターテイメント系が育つ事で、都市演出や魅力演出にダイレクトに繋がると思います。ネイキッドが演出したテレビ塔もあの狭い展望台でやるには無理があります。再開発後の久屋大通り公園やオアシスでネイキッドのプロジェクションマッピングや演出を行なって貰いたいですね。やはりネイキッドもチームラボも大規模なスペース演出で迫力や演出効果が一層見出せるとおもいます。

  2. 匿名 より:

    エイチーム スーパーアプリ ワンプラそれに三菱やデンソーの自動システムといったIT関連は実は名古屋が地方では一番リードしてるんですけどね まあ大半が東京 残りが神奈川ってレベルなので微々たる差ですが
    そういうところまちづくりに活かしたいですね

  3. 匿名 より:

    福岡は起業しようとする人に手厚く支援するスタートアップ施策が東京同様に福岡は一歩先に行ってますね。若い起業しようとしているIT開発者が集まってきてるようです。名古屋は全く遅れをとっているというか関知していないでしょうね・・・あの市長では。ここのブログ主さんが九州編を告知されていましたが是非、福岡の勢いを伝えて下さい。楽しみにしています。

  4. 匿名 より:

    ほんとビジネスホテルのオンパレードですね・・・APAをはじめ窮屈なテルばかりが乱立しはじめましたね。G20も宿泊施設のレベルが原因みたいですね。福岡はグランドスイートの部屋を麻生財務大臣の一声で各ホテルが増やす提案を行ったみたいですが、流石に今、乗りに乗っている大阪には太刀打ちできませんでしたね。しかし、その福岡にも劣るレベルが名古屋である事は直視したほうがいいのでは。グランハイアットやオークラ等、名古屋には進出していないホテルが進出しています。又、天神ビッグバンプロジェクトの一環で、2022年12月頃の竣工予定(公共施設2021年秋一部供用)でリッツカールトンもいよいよ進出確定との事で都市間差が逼迫している状態です。流通部門でも阪急やバーニーズニューヨーク、三菱地所のMarkIsがみなとみらいに次いで進出地として選択したのが福岡です。2019年 ヤフオクドームを4万人収容にし次世代型複合エンタメ空間創出するボールパーク化、地上40階、高さ約137mの超高層タワーマンションBrillia Towers の建設とリニア構想も何もない福岡が盛り上がっています。人口も200万に到達するのも時間の問題でしょう。大丈夫か名古屋・・・