森の地下街もリニューアル デジタルサイネージが登場

サカエチカに続いて森の地下街でもリニューアルが始まりました。森の地下街は、3つある栄の地下街の中でも中央に位置していて特に人通りが多い地下街です。

その中でも東山線より北側の部分は長らく改修されておらず、リニューアル済の地下街と比べるとやや古びた印象は拭えません。しかし当該部分は地下と地上をつなぐもちの木広場と接続しており、今後その直上の久屋大通公園自体の大規模リニューアルも予定されているため、とても重要な場所と言えます。

他にも名駅との競争激化、接続するセントラルパークのリニューアルが完了、サカエチカでも現在進行中であることなどから、栄エリアの総合的な魅力向上のためには森の地下街もリニューアルが必要という判断だと思われます。

東山線コンコース階(中央一番街)からもちの木広場方面(北一番街)へつながる階段です。耐震改修も兼ねた工事が行われています。

こちらは森の地下街の西端、サカエチカとの接続部分付近です。

デジタルサイネージが登場しています!名駅ではよく見かけるようになってきましたが、その他のエリアではあまり普及していない印象なので、栄でこれを見たときはちょっと新鮮でした。

四角柱のように見えますが、丸柱にデジタルサイネージをかぶせたものです。メイチカであるものと同じです。

森の地下街のリニューアル完了時期は不明ですが、今後数年程度と思われます。

コメント

  1. 匿名 より:

    名古屋の地下街は何処となく安っぽいイメージが強いです。東京駅のグランルーフやグランスタのような雰囲気がやはり良いのでは。高級感と購買欲が掻き立てられます。デジタルサイネージに関しても同様です。まだ福岡の方がセンスの良さを感じます。名古屋は何処にコーディネーターを委託しているのでしょうか。言葉が悪いですが、洗練さに欠けています。デザイン博を開催した街とは感じられません。天井張り替えたが、壁面を張り替えない等 片手落ちなリニューアルが目立ちます。久屋大通り公園の再開発は三井不動産だから大丈夫かと思いますが、東京や大阪で竣工した開発案件同様の気合が入っていればの話ですが・・・