名古屋三井ビルディング北館の建設状況 2019.10

名古屋三井ビルディング北館は、三井不動産が計画している20階・99.75mのオフィスビルです。

2018年6月に本格着工し、約1年後にタワークレーンが登場。現在は躯体工事が進められています。

名古屋三井ビルディング北館の建設状況 2019.9

前回から1か月ぶりの取材です。

7階まで鉄骨が組まれました。右側のクレーンはマストが完全に埋まっているので近々クライミングでしょう。

カーテンウォールも鉄骨を追ってどんどん設置されると思います。モックアップでは緑が強い感じの色合いでした。スパイラルやミッドランドに近い色になりそうです。

そのスパイラル南東角では2つの飲食店ビルの計画が進んでいます。左の物件は東亜コーポレーションのもので着工しているようです。右は名鉄のもので未着工。いずれも完成予想図は不明です。

三井ビル北館は2021年の完成予定です。

コメント

  1. より:

    スパイラルタワー南東部の飲食雑居ビル酷そうですね…
    こうした中途半端な土地利用が、魅力に欠ける要因だと何故理解できないのでしょうかね。。