名古屋三井ビルディング北館の建設状況 2019.9

名古屋三井ビルディング北館は、三井不動産が計画している20階・99.75mのオフィスビルです。

2018年6月に本格着工し、約1年後にタワークレーンが登場。現在は躯体工事が進められています。

名古屋三井ビルディング北館の建設状況 2019.8

前回から1か月ぶりの取材です。

4階部分までの躯体工事が完了しました。よく見ると名駅通側に鉄骨が建っています。7階部分の工事に入り始めました。

真南から見るとこんな感じです。

鉄骨なので今後も成長が早いと思います。あと半年くらいで最高部に到達するでしょう。

その他ちょっと動きがあったのは相鉄フレッサインです。シートがはずされて外観が明らかになりました。あとはエントランス周りの整備だけです。

フレッサインはシンプルかつ目立ちすぎない外観で、比較的上品に仕上がったと思います。意外にもタワークレーンはまだ解体されていませんでした。

名駅の南側では小規模ながら他にもいろいろな動きがあります。三井ビルと合わせて今後も随時紹介していきます。

三井ビル北館は2021年の完成予定です。